2013年04月18日

[cocos2d]ページのスクロール

ハイスコアの画面。
ランキング画面20130418.PNG

左右にフリックして、LEVEL1 ←→ LEVEL2 ←→ LEVEL3 みたいにスクロールで切り替えたいなーと思って、どう実装するか調べてたら、めっちゃ簡単に出来る方法があった。

cocos2dの拡張ライブラリ、Cocos2d Extensionsなるものをダウンロードして、
その中のCCScrollLayerってやつをプロジェクトに放り込む。


で、使いたいクラスでCCScrollLayer.hをインポートして、
        // ページレイヤーを配列で作成
        NSMutableArray *layerArray = [NSMutableArray array];
        [layerArray addObject:[self viewHighScoreLavel:1]];
        [layerArray addObject:[self viewHighScoreLavel:2]];
        [layerArray addObject:[self viewHighScoreLavel:3]];
        CCScrollLayer *scroller = [[CCScrollLayer alloc] initWithLayers:layerArray widthOffset: 0];
        
        // インジケータ非表示
        scroller.showPagesIndicator = NO;
        
        // レイヤーを表示
        [self addChild:scroller];
これだけでできた。
[self viewHighScoreLavel:1]のメソッドでレイヤーを作成して、戻り値として返してます。 CCScrollLayerの中に、各ページのレイヤーを配列で全部入れると、勝手に上手いことやってくれる。


あと、デフォルトで現在のページ位置を表すインジケーターが表示されるんだけど、
邪魔だったんでshowPagesIndicatorプロパティをNOにしたら消せた。

さすがcocos2d、便利なライブラリがいっぱいあるぜ。


ラベル:cocos2d
posted by ryo4071 at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

[よけるが勝ち]骨組み部分はできた感じ

 現在のゲーム画面。
ゲーム画面20120416.PNG

 新たに敵のグラフィックを描いてみたものの、イマイチ汎用性に欠けるというか。
まあ、気が向いたら書き直そう。


 一応ゲームの骨組みの部分はできて、一通り遊べる形にはなった。
スキルボタン(下のStop)が安っぽいのは直したいとか、黒枠の部分を、ゲームっぽい枠にしたいとか、直したい点はまだまだあるけど。
あとは理想(というか妄想)として考えてる機能をどれだけ実装できるかっていう。

 練習の為に作り始めたゲームだけど、作り始めるとこんな機能も実装したい、あんな要素も入れたいって膨らみすぎて収拾つかなくなる。
 昔RPGツクールでゲーム作ってる時から、凝った事しようとして挫折して、結局全部投げるタイプだった。
ちゃんと完成させないと。


 他の方のゲームを色々落としてやりまくって、やっぱりコンボ的要素が欲しいなーと思った。
ただよけるだけじゃなくて、何か繋げてコンボにできる要素。
ギリギリで避ける(というかある程度敵に近づく)とポイントが入って、連続でギリギリで避けるとポイントがどんどん増えていく、とかどーだろう。


 あとモンスターの種類増やして、モンスター毎にいろんな動きのパターンつけて、モンスター図鑑も実装したい。
っていうのは避けるだけのゲームには豪華すぎるだろうか・・・。

 他、ショップ的な要素はなんとか入れる予定。
ゲームのスコアに応じてゴールド入手して、アイテムが買える的な。
「次から3ゲーム、1回ぶつかっても大丈夫」アイテムとか。

 GameCenterのランキング対応と、twitterボタンもやっぱ外せないかなあ。
まだまだ作る部分はいっぱいある。
posted by ryo4071 at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

主人公(?)兼マスコット的な存在

 カジュアルゲームアプリを作るに当たって、プログラミング部分はググりつつ、作りつつでなんとかやっていけそうな感じではあるけど、デザイン的な部分をどうするか。
インターフェースとか、キャラクターとか。
そんな問題にぶち当たる。

 資金的に余裕があれば外注とか在宅ワーカーとかそーゆー人に頼むんだろうけど、アプリ製作で稼いだ金額以外はコストとして使用したくないなー と思ったので、とりあえず頑張って全部自分で作ってみる事に。

 ノートと鉛筆とかなら全く描けないわけじゃないんだけど、PCで描くのは慣れてないので結構しんどい。
久しぶりにペンタブ繋いでみたら、なんか勝手に消しゴムが連打されて描けないし。壊れとる。

落書き参考.JPG
↑参考:ノートと鉛筆の落書き


 仕方ないのでペンタブとか無くてもまぁ描ける、ドット絵にしようという方向に話がまとまる。(俺の中で)
クオリティを求めなければ描くのにそんな時間かからんしね。

 そんなわけで、まずは自分の操作キャラ、兼自分のアプリのマスコット的なキャラを書こうという話になった。(俺の中で)

 その結果できたのがコレ↓
プロトタイプ.bmp
↑なんだこいつ・・・
センスの無さが前面に押し出てしまった。

こっからはじまっていろいろ書き直したり、修正したり。

プロト2.bmp
↑迷走中。
 クオリティの低さはこの際目をつぶるにしても、マスコット的なキャラはとりあえず万人受けし易そうなやつのがいいんじゃなかろうか。
キモいとかグロいとかそーいう要素は、敵キャラとか別のところに入れよう。

 で、最終的にできたのがこれ。
me.gif
↑この辺で妥協。
万人受けとか言いつつも、若干のキモさを捨てきれないのが俺らしい。

jikis-hd.png
描いてるうちにちょっと楽しくなってきて、何個かポーズを描いてみたり。


 で、タイトル画面ができた。
タイトル画面0411.PNG
背景はフリー素材サイトFirst Seed Material様から使わせてもらいました。
http://www.tekepon.net/fsm/

ボタンとか、インターフェースはもうこんなんでいいや。
まあなんとかなるでしょう。

 あ、あと名前・・・
me.gif
こいつの名前どーすっかな・・・

posted by ryo4071 at 23:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。