2013年12月13日

iPhone版ドラクエ8の操作感


 勢い余ってiPhone用のドラクエ8を買ってしまった。
コンシューマーのスマホ移植はだいたい操作性がクソだからどうかと思ったけど、ドラクエ1でガッカリしてハードルが下がった分、「思ったよりは悪くない」と思った。



■良い

・縦画面
・片手での操作を想定
 プレイムービーが出た時に「横画面の方が良いのでは」って声が結構あったけど、個人的には縦画面で正解。横画面だと片手でできないし。
スマホでゲームをする一番のメリットは、通勤電車で立ったままできるとか、合間の時間に気軽に遊べるって事。
腰を据えて、両手で持ってしっかり遊ぶのを想定するんなら、携帯ゲーム機で出せばいい。

■まあまあ
・操作性
 さすがに慣れがいるけど、思ったよりは悪くない。
DQ1の四方向移動+疑似360度アナログスティックの組合せがクソすぎただけで。
近くの人やオブジェクトにアイコンが出るので。人に話しかけたりオブジェクトを調べるのに細かい移動調性したり対象の方向を向いたりする必要が無いのがイイ。
人間の隣に立ち止まれば勝手に話しかけてくれたりとか、割と工夫してくれてる。
 欲を言えば疑似スティックの位置を固定じゃなく、タップした場所を起点にできればよかったけど、この場合視点移動との兼ね合いもあるから難しいかもしれない。

■悪い
・ダンジョンとか町で中断できない
 教会でセーブの他に「中断の書」でセーブできるけど、フィールド上でしかできない。
 スマホ的にはいつでも中断できないのはマイナス。
別にアプリをスリープしたところですぐにゲームがリセットされるわけじゃないしそこまで致命的ってほどじゃないけど、たまにリセットされるからちょっと不安。
 というか、「中断の書」っていう名前の割に記録後もゲーム続行できるし、再開しても中断データ消えないし、実質「中断」ではない。にも関わらず、あくまで中断の書だと言い張っているのは、「ドラクエは教会でセーブが基本ですよ。」的な考えがまだ作り手側にもあるような気がする。素直に「冒険の記録」とかにして、どこでもセーブさせればいいのにと思う。

・テンポ
 スペックの問題もあるかもしれないけど、全体的に動作のテンポがよくない。
マップの切り替わりとか、ダッシュ移動する前に若干の歩きが入ったりとか、呪文を使う若干の間とか。一つ一つは大したことないんだけど。


 まあ結論として、繰り返しになるけど「悪くない」っていうところ。
ドラクエ1と違って、きちんとそれなりのコンセプトの元で試行錯誤されているっぽいので、ちゃんと片手で遊べるし、今のところそんなにストレスは感じない。
 もともとのゲームのクオリティとボリュームを考えれば、2800円出しても損ではないような気がする。


 蛇足。
スマホ版ドラクエ1のクオリティはひどかった。
 四方向移動なのに使いにくい疑似360度アナログスティックだし、ドット絵ゲームドットのサイズがバラバラというドット絵ゲームとしては致命的なクオリティだし。
インターフェースもなんというかチープな感じで、フラッシュゲームのような印象。
 ゲームそのものがこれ以上なくシンプルなドラクエ1だからまだ許されるのかもしれない。
 ドラクエ8の宣伝の為に、ハナから無料でバラまくつもりで作ったクオリティという事だと思われる…。


posted by ryo4071 at 14:57| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。