2013年04月24日

[cocos2d]iPhone5の解像度に対応

 5月から、iPhone5の解像度に最適化していないアプリはリジェクトされるという話。
Retinaディスプレイの解像度に対応していればOKだと思ってたけど、どうやらアスペクト比も対応しないといけないらしい。

 という事で、対応する事に。

 Xcodeでアスペクト比をiPhone5に対応するには、640×1136pxのスプラッシュ画像を登録すれば、自動的にその解像度でアプリが走るらしい。すげー。
スプラッシュ画像ってのはアプリ起動時のロード画面で表示される画像。
Default-586h@2x.pngの名前で画像をプロジェクトに入れると勝手にスプラッシュ画像として登録される。

 とりあえず、640×1136pxで起動してみた結果。
oldTitle0424.png

oldHighScore0424.png

 まあ、分かってた事だけどこの様にいろいろおかしくなる。
面倒だけど一つ一つ直していく事に。

1.背景画像のサイズ
背景画像のサイズを320×960で用意したので、当然足りない部分が黒帯に。
320×1136に画像を作り直す。

2.ボタンやスプライトの座標修正
cocos2dの座標のY軸は、画面下が0なので、画面下にアンカーを持つイメージで座標を設定してれば問題ないけど、画面上部にアンカーを持たせたい場合、「winSize.height - 50」みたいに設定しないとずれる。


結果。
newTitle0424.png

newHighScore0424.png

 なんとか見れるようになった。
解像度の差分が176px、これが意外とというか、やっぱり結構でかい。
ただの余白的にすると結構違和感があるので、地味に苦労した。
 その辺のバランス調整の中で広告を画面上部から画面下部に変えた。


 最初から1136で作っとけばよかった。
posted by ryo4071 at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。